こだわりの名店

含んだ瞬間、香ばしい歯ごたと美味あじ!
口の中をとろける感覚が、まるで魔法のような「五目あんかけ揚げそば」

取材当日、富山駅前の高志会館「リトル上海」さんでは、店内のテーブルや什器の入れ替えをしておられました。
一段落されたのを見計らって、料理長の栗田高文さんにご挨拶をしてから撮影を開始しました。

リトル上海様

最初に出てきたのは、人気メニューの「五目あんかけ揚げそば」
麺が「ふっくら・サクサク」に揚げられ、五目あんかけとベストマッチの絶品の一皿です。
「これはうまい、うま過ぎる!
リトル上海さんは『特注たまご麺』を使っておられる筈だけど、・・・これは、どこの麺を使っておられるのだろうか?」
おいしさの反面、私たちには【疑問】が生まれました。

思い切って聴いてみると、「石川さんの麺ですよ!」と言われて、私たちは目を見合わせました。
「あのたまご麺が、まるで魔法のように・・・・このようになるのか?!」

リトル上海様

味の追及はもちろんのこと、「安心して食べていただける料理」にこだわっています!

平成十年に開店して、すでに20年の歳月が経ちました。
その間、スタンダードな中華料理を提供されながらも、常に新しいメニューを考案して、お客さまに喜んでいただくことを目標にされている栗田料理長ですが、とくに野菜は富山市浜黒崎の農家にお願いして特別に仕入れておられます。

リトル上海様

次は「煮込みラーメン」を出しますね!
つゆそばの人気メニューですよ。

・・・?
本格中華の「つゆそば」で「煮込みラーメン」などあるのか?
と出していただいた一品は、乳白色のスープに野菜と鶏肉があしらわれた円やかな味のラーメンでした。

本格中華料理の「つゆそば」は、一般的なラーメンと少し異なり、「コシ」のある麺でありながらも、同時にほど良く「柔らかい」麺であることが多いのです。
絶妙なタイミングで煮込んである「野菜と鶏肉入り煮込みラーメン」、栗田料理長の料理の「奥深さ」をあらためて体感した瞬間でした。

リトル上海様「煮込みラーメン」

料理とともに、召し上がる空間も楽しんでいただきたいんですよ!
一点一ヶ月もかけて紡ぐ料理長の「刺繍絵」

店内のあちらこちらに、美しい「刺繍絵」が掛けてありました。
本格中華料理店としての風格を感じる一コマです。
よく見ると、どの作品にも「高文」という名前が、記してありました。
料理だけでなく、おいでになるお客さまにあらゆるシーンで楽しんでいただきたいという栗田料理長の細やかな優しい心遣いを感じました。

リトル上海様

リトル上海様

料理長との記念撮影が済んで、お礼のご挨拶をさせていただくと、「岡田さんは、すぐに飛んできてくれるから頼りになりますよ!」と温かい言葉を掛けていただきました。
これからも、栗田料理長の「こだわり」のお手伝いをさせていただくために、おいしい「特注たまご麺」をお届けさせていただきます。

IMFORMATOIN

パレブラン高志会館 中華料理 リトル上海

住所
富山県富山市千歳町1-3-1
電話
076-441-2255
営業時間
11:30 ~ 14:00  17:30 ~ 21:00
定休日
火曜日